日程案内
エントリー締切り:2017年6月1日(木)
写真締め切り  :2017年7月1日(土)
おひろめ放送  :2017年8月を予定

エントリー用アドレス
tryzin.plamofes@gmail.com
写真提出期限のおしらせ
メールによる写真提出期限は
2017年7月1日(土)24時です。 カウントダウンタイマー 提出写真の10枚中に
製作中写真を5枚程度含めてください。
未完成の場合は途中写真を10枚提出お願いします。
エントリー受付
カウントダウンタイマー
インターネット放送のご案内
ニコニコ動画のユーザー生放送
にて開催告知番組を放送しています
コミュニティNo:co26686
【ニコニコ生放送】Tryzinの模型放談


インターネット放送の案内はツイッターで告知してますので、 主催者ツイッターのフォローお願いします。
https://twitter.com/#!/yoshitaka_c
ツイッターでつぶやく
ハッシュタグは”#スケモ祭”です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Trackback

Trackback URL

27

【2012】作品ギャラリー その1

ギャラリーアイコン

おひろめ放送で紹介しきれなかった写真を
ギャラリーとしてご紹介します。
写真をクリックすると拡大表示され、写真左右に表れる
<や>をクリックする事で次の写真が表示されます。
戻るには写真外の暗い部分をクリックするか、
写真右下の×マークをクリックすると戻ります。


掲載はエントリー順で製作者が同じ場合は連続して紹介しています。


■<エントリーNo.02>:apophiseさん

 
Su-33 フランカーD
飛行機
製作: apophise メーカー: ハセガワ Scale: 1/72
コメント:
相変わらずの筆塗りです。今回は本来だと海上迷彩も筆の予定だったのですが・・・
そこまで行かなかったというか・・・さぼっt(ry
模型ってどうやってモチベーション引き出すんだろうという状態になってしまいましたよ;;
ただ、前回のエンタープライズ(通称:シールド)と違ってそこまでかなーり残ってる状態ではないので早々に完成はさせたいですね
とりあえず・・・何か別のキット作って1度気分をリセットしますwww
ていうか、これのためにミスターホビーの塗料を20本くらい買ったから完成させないともったいないwwww
 

■<エントリーNo.03>:森の熊さん

 
伊-400
艦船
製作: 森の熊さん メーカー: タミヤ Scale: 1/350
コメント:
 

■<エントリーNo.04>:森の熊さん

 
Ta152C-0
飛行機
製作: 森の熊さん メーカー: ドラゴン Scale: 1/48
コメント:
キットは ドラゴンの1/48 Ta152C-0です(TAはタンク博士???の名前からとったとか)
エンジンはCMKのレジンキャスト フラップはレジンのサードパーテイの物を移植、
内装にはエデュアエルドのエッチングパーツを追加しました。
周りの兵士や壁はタミヤの1/48のキットを使ってます。
土台はスチレンボードに光栄堂のアースモデルシートを貼っています。

製作にあたって、エンジンを入れたくて多少の無理をしています。
キットにはD-9用のエンジンマウントしか付属していなかったので、そのマウントに合わせてエンジンにマウント用の土台を作成しマウントしました。
機銃は真鍮パイプを、ピトー管は真鍮線をベースに細工してキットのパーツを置き換えました。
塗装は基本 筆塗りとタミヤのウェザで行っております。


■<エントリーNo.05>:シチリンさん

 
キングタイガー
AFV
製作: シチリン メーカー: タミヤ Scale: 1/48
コメント:
以前、旧軍の戦車を製作した際 参考として集めた資料に 五式中戦車は「和製タイガー」
とも言われていた(本当かどうかは分かりませんが・・・) と書かれていたので
「逆にドイツの戦車を帝國陸軍風に作ってみたら面白いのでは」と思い製作に至りました。
考証重視ではなく模型ならではの「遊び」をテーマとして製作したので とても楽しかったです。


■<エントリーNo.06>:ラグレスタさん

 
MiG-29AS スロヴァキア空軍
飛行機
製作: ラグレスタ メーカー: アカデミー Scale: 1/48
コメント:
 

■<エントリーNo.09>:ふじやまさん

 
アメリカ強襲揚陸艦 イオージマ
艦船
製作: ふじやま メーカー: モノクローム Scale: 1/350
コメント:
イオージマは値段のわりにはエッチングいっぱい付いてくるから作ってみたくなったので作ってみました。
窓枠がふさがってたので開口部を作ったのと、艦橋の配管みたいなモールドが細くてわかりづらかったので、
真鍮線でくっきりさせてみました。
それと、船体内部も結構よくできてるのに見えなくなってしまうのが勿体ないなと思ったので
照明を仕込んでみたのですが、どう仕込んだらいいか悩んだあげく中途半端な感じになってしまいました。

■<エントリーNo.12>:ふじやまさん

 
T-55エニグマ
AFV
製作: ふじやま メーカー: タミヤ Scale: 1/350
コメント:
無性に作りたくなったエニグマははじめてのAFVで特に改造とかはしてませんが、少しだけダメージ表現とやらをしてみました。

■<エントリーNo.10>:じゃっくさん

 
日本海軍航空戦艦 伊勢
艦船
製作: じゃっく メーカー: フジミ Scale: 1/350
コメント:
前回の祭も参加してますが、あの時は夫婦で合作を提出してたわけで…
実は1/350の艦船模型を一人で組むのは今回が初めてなのです。
そのため、すごく時間がかかってしまって、完全な出来上がりではありません…
艦載機をたくさん作りたい!とか言ってたくせに艦載機載ってません。

塗装が苦手なので、質感がうまく出せなかったのが残念です。
あと、説明書の通りに普通に組んでしまった事。 自慢できるポイントが無いので、何かやれば良かったと後悔してます。
エッチングパーツはさすがに前回よりうまく接着できた気がします。
それでもまだまだ未熟ですが。 途中でパーツを飛ばし、思いっきり心が折れて数日間ふてくされたり
(結局見つからずパーツ自作)、 せっかく付けたエッチングパーツを自分で握り潰してしまったりと、いろいろありました…
でもやっぱり模型作るの楽しいです。

次回参加するとしたら、何か工夫して作りたいと思ってます。
ので、次の祭開催も楽しみにしています。


■<エントリーNo.13>:とおしゅうさん

 
コマツG40ブルドーザー
AFV
製作: とおしゅう メーカー: タミヤ Scale: 1/48
コメント:
 



■<エントリーNo.16>:ふじこさん


 
日本海軍戦艦 大和(新金型)
艦船
製作: ふじこ メーカー: タミヤ Scale: 1/350
コメント:
・1/350の戦艦をエッチング・レジンパーツ込みで製作するのは初めての経験でしたが、
キット自体非常に組みやすかったのと、このスケモ祭が良いモチベーションになって完成まで持ってこれました。
・艦スペの長徳さんの製作記事同様、ポントスモデルのディテールアップパーツとタミヤのハンドレールセットを主に使用しながら製作しました。
手摺と三連装機銃のエッチングパーツが鬼のように面倒でした。
・木甲板は同じくポントスモデルの木製甲板を貼っただけのお手軽製作です(汗)。
次回は木目の塗り分けもやってみたいですー。
・艦橋の窓枠をすべてくり抜きor穴を開け、内部にHiQパーツの超小型LEDを仕込んで電飾してみました。
残念ながらちょっと暗めです。内側をシルバー等で塗装しておいた方が良かったかもしれません。
・塗装はガイアカラーの艦底色と呉海軍軍艦色を使用しました。
軍艦色の部分にもあらかじめ艦底色を下地に吹いています。
・ウェザリングはタミヤのエナメルカラーです。艦底はうまい汚し方がいまいち分かりません…。
・空中線や掲揚索は色々な模型や写真を参考に、なんとなく&それっぽく…です。
モデルカステンのメタルリギングと、伸ばしランナーを使いました。



■<エントリーNo.17>:やまとすきーさん

 
日本海軍戦艦 陸奥
艦船
製作: やまとすきー メーカー: ハセガワ Scale: 1/350
コメント:
 



■<エントリーNo.18>:迷人さん

 
Bf109E
飛行機
製作: 迷人 メーカー: タミヤ Scale: 1/32
コメント:
キットはエデュアルド1/32B109E-7over the Baikan peninsuia
マーキングはⅢ/JG77,Bellgerd-Samllin

塗装はMr.カラーを使用
製作期間は、おおむね2週間といったところ

キットはProパック仕様で計器板は塗装済みエッチング、またシートベルトもエッチング。
タイヤは自重変形のものがレジン製で付属。 キットはエンジンが再現されているが、
エンジンを組みこむと、エンジンカバーを閉じることができない選択式。
今回はプロポーションを重視してエンジンを組み込んでいない。

キットはそのまま組むと主翼の上半角が不足するので、胴体との接合部を削り込むことで修正。
巷では胴体下側のラインが角張りすぎと言われているが、E型のプロポーションを好く捉えたキットであると思う。
作りやすいかと言われれば、まぁそこはそれエデュアルドだし…といったところ。

カラーかMr.カラーの指定色をベースに調色、の明度を上げている。



■<エントリーNo.19>:角材の人さん

 
日本海軍戦艦 長門 【リテイク1942
艦船
製作: 角材の人 メーカー: アオシマ Scale: 1/700
コメント:
アオシマの1/700長門にフジミから出てるエッチングを使いディテール工作をしています。
多少の調整は必要ですが、結構そのまま使ってます。
エッチングだけでなくブルワーク(手すり)もプラペーパーで作り直したり、
伸ばしランナーでディテールを追加してます。

途中から思いつきで追加工作をした為に収拾が付かなくなり,まだ完成していません><;



■<エントリーNo.84>:角材の人さん

 
パンター戦車
AFV
製作: 角材の人 メーカー: サイバーホビー Scale: 1/35
コメント:
サイバーホビー(ドラゴン)のERSATZ M10(M10偽装戦車)です。
・車体解説
1944年アルデンヌ攻勢の時にアメリカ軍に偽装して拠点を奪取する計画(グライフ作戦)があり、
そのアメリカ軍部隊に偽装する為の米戦車が足りずにパンター戦車をM10駆逐戦車風に改造したのがこの戦車です。
車両は12両が改造されたのですが、作戦そのものがうまく行かず、結局別の戦闘に参加して破壊されてしまいました。

・キット解説
パンター戦車のバリエーションキットとして出たのですが、車体上面や砲塔が専用設計なので、
ストレート組みでココまで作れます。パーツの合わせは悪くないのですが、パーツの厚みが薄いために結構歪んでます。
シャーシはプラ板で補正して車体上面とピッタリ合うように調整してます。シルエットを変更する
前後の追加パーツも微妙に歪んでいるので、すり合わせをしっかりやらないとカッコ悪くなります。
逆に言うと、すり合わせだけをしっかりやるだけで、精密な完成品が手に入るという事です。

キャタピラは組立て式なので、転輪の形に合わせて一旦固定させ、塗装後に組合わせる方式にしてます。
塗装は色透け防止にカウリング色を塗ったあとダークイエローを塗ってます。
秘密作戦であるグライフ作戦が始まる直前までは普通のドイツ戦車塗装にしてたんじゃないかな?と思ったのと、
明るめの色の下地にすることでオリーブドラブの発色を良くしようという考えでやってみました。
金属パーツはプライマーを塗っているので、サーフェィサーは塗装してません。
塗装はオリーブドラブにダークイエローを混ぜてちょっと明るめの色合いにして、
グラデーション塗装で表面に表情を付けてます。
エナメル塗料でウォッシングした後、パステルで汚しを入れていますが、
最初、調色を失敗してパステルを全部落としてやり直してます。

・まとめ
偽装戦車って「バレたら生きて帰れない」ので、映画の登場車両みたいにいい加減な作り方じゃなく、
シルエットを凄く似せてるのが中々興味深いですし、「作ってみて色々と判る」キットでした。


■<エントリーNo.21>:にぼしさん

 
アドミラル・グラーフ・シュペー
艦船
製作: にぼし メーカー: アカデミー Scale: 1/350
コメント:
キット:アカデミー製 アドミラル・グラーフ・シュペー リミテッドエディション
エッチング:キット付属+エデュアルド製

●キットについての感想●
「ダンボールに直接印刷されたパッケージかっけぇ!エッチングもモリモリ付いてるじゃないか!ちと高いけどエッチングと木工甲板付いてるオールインワンパッケージなら安いもんだな!」と意気揚々とポチったものの、届いたキットに入ってたエッチングパーツは通販サイトの写真とは全く異なるモノでパーツのチョイスがかなり微妙(笑)痒いところに全く手が届かない。
結局エデュアルドのエッチング買い足して制作することに相成りました。

キット自体はよくある海外製キットという日本製では求めてはいけないクオリティーでソレ絶対ハマらないじゃん!ってパーツが普通にあり内火艇?のパーツがどう見ても両端1mmくらい開いちゃって、モールドとして見ていいのかただの隙間なのか悩む事もあるようなそこそこ嫌がらせを受けるくらいのストレスで組みあがりました。
※エッチングの発表時と内容が異なるのが怖いのでウォースパイドは人柱の方々の反応見てから買うw
ホントにポントスモデルの付いてるなら買っちゃっていいと思う。

●ジャッキステーについて●
プラモ作ろうで見たような「1/700の手すり用」でやってみたけど全くうまく行かない。おそらくオレの腕が悪いんじゃない。このパーツがステン製だから悪いんだと言い聞かせて何回か頑張ったけどダメだったので、タミヤの1/350のジャッキステーを利用してすんなりと終わらせました。ちなみに細かい写真は無いけど艦橋部のジャッキステーも同様の方法を取りました。

●空中線について●
資料も根拠も無くテキトーに貼ってます。初めてモデルカステンのメタルリギングを使用しましたが非常に捗りました。高いだけあるわ。

●細かい所●
単装対空機銃は副砲より砲身が太かったので、ナノドレッドの日本軍用に変更。艦載機のアラドはトランペッター製に変更しようと思ったけど、キットのまま使ってます。凸モールドで萎えた。
展示台はタミヤの最上用をカスタマーサービスから取り寄せて取り付けました。
旗、デカールだと思って買ったらただの紙キレだった(イタリア製)。ツヤが取れて無いのは妥協です。

●塗装●
02.jpgのようなライトグレーで理想通りの色♪とか浮かれて、トップコート吹いたらめっちゃ色濃くなっちゃったよ☆
調色し直そうとも思ったけど重厚感もあってコレはコレでいいやという感じに。
というか全体的に説明書の塗装図がアテにならないし、あちこちの資料見てもサッパリよく解からんので独自解釈でアチコチ塗装してます。
考証気にする人は大目に見てください。



■<エントリーNo.22>:らいおーさん

 
FOKKER E.III
飛行機
製作: らいおー メーカー: SMER Scale: 1/72
コメント:
今回はSCALE AVIATION の2012年1月号の影響で購入したSMER社(チェコ)製のFOKKER E.IIIを作りました。
ほぼ初めての海外キットなのですが、ところどころで日本製とは違う部分があっておもしろかったです。
簡単に言うと、プラがやたらと柔らかいです。加工はしやすいですが、接着剤にも塗料にも弱い感じです。

このキット制作にあたり、3点頑張ってみようと思いました。
1)張り線したい!
2)木目表現に挑戦!
3)全部筆塗りで仕上げる!

では写真の説明です。

1枚目:完成品

2枚目
箱と内容物です。これの他にRODEN社製のFokker D.VIIも持ってるんですが、
海外キットの箱はどれも綺麗ですね。裏側にカラーの塗装指示が載ってるのは良かったんですが、
指示色がおおざっぱすぎてあまり使えない感じです。
ランナーの方はまさかの1枚きりで、パーツはほぼすべて使い切りました。
説明書は見開きどころかB5版1枚程度です。ちなみにこのキット、
箱表に記載の通り、8歳以上対象のプラモらしいです。意外と対象年齢が低くてビックリです。

3枚目
仮組み状態です。日本のキットと違い、接着支持が浅かったり成形不良で埋まってたりして、
脚の部分とかは意外と鬼畜なプラ棒の箱組み状態でした。あとは本体のパーツ合いが若干良くないわりには、
本体表面に布張りしてますよ的な微妙なモールドが付いてて合わせ目消しするときにウザかったです。
この段階で、定石通りコクピットの先塗りはともかく、エンジン周りの先塗りが必要なことが判明。
てか、エンジンはエンジンカウルではめ殺しになってます。

4枚目
仮組み直後に瞬着で点付けした尾翼です。
尾翼2枚を0.5mm程度のプラスチックの棒で繋いである1パーツですが、ココを本体に接着する必要があるため、
確実に強度が落ちるのと、プラモ作成のお約束として、この手のパーツは確実に折ると思ったので、
最初から真鍮線に置き換えました。高校生以来のハンダ工作だったので、ハンダをどう流すのかすら
忘れてしまっていて2日間ほど悩んで思い出したりしてました。

5枚目
今回のメインイベントの一つ木目表現です。SCALE AVIATION の2012年1月号の作例を参考に、
セイルカラーで下塗り、鉛筆で下書き、ブラウン系で木目を書き、クリアーレッド&クリアーイエローで
調色したニスを塗り、軽く研ぎ出しをした後、金属部分を塗装してから、タミヤの墨入れブラウンで
全体をウォッシングして完成です。初めてやった割りには会心の出来です。

6枚目
今回のメインイベントその2。張り線です。お勧めのSanyoのVALCAN0.2号
タナゴ、ハエ・ヤマベ用釣り糸とMODELKASTEN メタルリギング0.3号を使いました。
初めての張り線で勝手がわからなかったのですが、SCALE AVIATION の2012年1月号の作例を参考に、
100均の目玉クリップでテンションかけながら接着しました。張り線の順番とか間違えて大変だったですが、
おかげで良い感じに雰囲気出てきました。

7枚目
今回一番頑張りが見える正面アップ。張り線するとリアル感がグッと増して良いですね。
木目のプロペラと相まって今回一番の2828ショットです。

8枚目
コクピット周り。

9枚目
定番のあおりショット。

10枚目
1/72ですが大きさ的には手のひらすっぽりサイズです。

ちなみに、塗装は全部筆塗りでやってみました。
銀色はMODEL Art 2011年11月号を参考にハセガワの熊野筆で塗ったくりました。
自分は筆塗り用の色を作るときは割と大量のフラットベースを入れるんですが、
それでも結構テカテカに仕上がって良かったです。
ホントは国籍マーク意外にも機体番号や機種名が書かれているんですが、細かすぎるのでオミットしました。

最後に
当初の目標通り、WW1の機体で張り線、木目表現、全筆塗装ができて満足です。
初海外キットですが、プラが柔らかいのと塗装指示がおおざっぱなところ、モノによってはデカールの制度が
異常に甘いところを除けば多少の改修工作で完成するような感じです。
WW1の複葉機などは日本製がないのでこの先どーなるのかと思いましたが、
なんとかおつきあいできそうな感じで良かったです。
ゆくゆくはウィングナットウィングスなどのビッグスケールもやってみたいですね。



■<エントリーNo.24>:むだいさん

 
チャレンジャー2
AFV
製作: むだい メーカー: タミヤ Scale: 1/35
コメント:
1/35 陸上自衛隊の10式戦車です。嘘です。
イギリス好きなんですが砂漠迷彩じゃつまらないから何かいいカラーリングはないだろうかと考えてたら
昔作った自衛隊戦車を見てこれだ!と急いで自衛隊色買って塗りました。
自衛隊カラーだから漢字も欲しいから74式戦車のデカールを注文してチャレンジャのデカールとハイブリット。
ドイツが一番大きいかと思ってたけどイギリスが一番大きかったですね~



■<エントリーNo.40>:むだいさん

 
3号突撃砲G型
AFV
製作: むだい メーカー: タミヤ Scale: 1/48
コメント:
某生主のHさんと話をしていたら戦車をふざけた色にしてみたくなって塗装で勝負。
最初はピンクの予定でしたが後になってピンクはアフリカにあったとのことなのでオレンジへ変更。
イメージはプリキュアのオレンジ。塗装中迷彩パターンもミリタリーっぽくてはダメなのが分かり周りと話しながらやってたら
「"きゃりーぱみゅぱみゅ"っぽくやればいいんだよ」と更に悩みました。とりあえず貰った服のデザインを参考に迷彩。
転輪はアイマス好き艦船モデラーさんのキュベレイのカラフルファンネルをパクって基本塗装は完了。
レインボー転輪。あとは細部塗装、ウォッシング、チッピング、ウェザリング等々。

「こんなふざけた塗装した戦車に本気でチッピングしていいんだろうか?」と自問自答していましたが
「ふざける時は本気でふざけろ」の一押しで本気出してチッピングしてます。汚してます。

前々からAFV模型をぶっとんだ色で塗ってみたいとは思ってましたが1/35だと値段的にもったいないし
それなら2000円でお釣りが来る1/48なら丁度いい、やってみようと決行しました。



■<エントリーNo.44>:むだいさん

 
フランス戦車 ルクレール
AFV
製作: むだい メーカー: タミヤ Scale: 1/35
コメント:
イギリス、フランス、ドイツを並べたら面白いかなーと思ってルクレールも製作。
転輪がダイキャストだったので重いけどパーティングライン消しの必要が無いので楽でした。
アクリル塗装なのでマークセッターで塗膜が溶けてパステル粉を使うのは怖かったので
実験にエナメル塗料を適当にエアブラシで吹いてライターオイルを、もこみちみたいに
ジャバジャバかけてそれっぽく落としています。



■<エントリーNo.51>:むだいさん

 
ドイツ軍 レオパルト2 A6
AFV
製作: むだい メーカー: タミヤ Scale: 1/35
コメント:
ヨーロッパ現用戦車三部作ラストのレオパルト2 A6
90式戦車なみに作りやすいキットです、これ。
ただ砲塔のバスケットの網はキット付属の物だとカッコ悪くなってしまうのでエッチングパーツを使用。
迷彩塗装も自分は天才じゃないのかってくらい思い通りにいきました。



関連記事
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。